今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

【Crypto Alchemist(クリケミ)】ロードマップ公開!評判上々です

f:id:sencho0927:20191030113529j:plain


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


ブロックチェーンTCG「クリケミ」のロードマップが公開されました。

時期は未定であるものの、それぞれのフェーズでやることが明確に表記されていたのでユーザーからは好印象でしたね。

好印象を裏付ける2つのポイントをピックアップしつつ、ロードマップ全体を見てみましょう。

  1. ロードマップ
  2. 注目点①:課金は法定通貨
  3. 注目点②:事前入札によるカード販売
  4. まとめ

ロードマップ

まず、ロードマップはこんな感じ。

  • 事前登録(クローズドβテスト参加の抽選権獲得

  • クローズドβテスト(2019年11月某日~)
    • バトル
    • デッキ編成(カード収集機能は無し)

  • オープンβテスト(データは正式リリース版に引き継ぎ
    • 無料ガチャ(ブロンズ・シルバー・ゴールドの3種のレアリティが出現)

  • 正式リリース
    • ショップ
    • カードセール(事前入札機能導入)
    • ランクバトル

  • 正式リリース後
    • ゲーム内マーケット
    • OpenSea対応
    • NFTコンバーター(クリスペなどとコラボがあるかも)
    • ギルド・ギルドバトル

順次機能がリリースされていくイメージですね。

クリケミが強調していた箇所は、プレセールは実施しないという点です。

ユーザーは実際にクリケミを体験し、カードの購入が必要かどうかの判断をしたいですからね。

とても全うな考えだと思います!

注目点①:課金は法定通貨

法定通貨でゲーム内通貨を販売、ゲーム内通貨でアイテムを販売します。
※引用元:CryptoAlchemist_ロードマップ

今までのブロックチェーンゲームであれば、イーサリアムでゲーム内通貨を購入してゲームのアイテムを購入するというのが一般的でした。

ただ、クリケミは法定通貨でゲーム内通貨を購入します。

今まで、仮想通貨の購入が大きな壁になってゲーム内課金ができないという声が挙がっていましたが、それは解決しそうですね。

課金による離脱率は大きく下がるのではないでしょうか。

注目点②:事前入札によるカード販売

カードセールは、「新しいシステムのオークション形式」にて販売を行い、オークションには事前入札機能が導入されます。
※引用元:CryptoAlchemist_ロードマップ

今までのブロックチェーンゲームであれば、アセットの購入はいわゆる「連打戦」での購入でした。

これって通信環境や機体のスペックによって有利・不利が大きく出るので、批判もそこそこ多い販売方法です。

ですが、クリケミは「連打戦」を完全撤廃し事前入札機能が導入されます。

これによって販売開始時間まで待機する必要は無いし、事前に値段を決めて購入することができるので時間の無駄にもならないですね。

この販売方法は、ブロックチェーンゲーム界においてぜひ確立してほしいなと思います。


まとめ

クリケミのロードマップに関して一通り見てみました。

ゲーム性はまだ分かっていないものの、セール前にしっかりβ版をリリースしてくれるのでゲームが楽しいかどうかを確認しつつセールに臨むことができます

β版をプレイしていればどのアセットが強くてどのアセットが弱いかを検討することができるので、とても健全な流れで正式リリースまでいけそうです。

クリケミには大きく期待しても良いのではないでしょうか。


それではノシ


Crypto Alchemist(クリケミ)