今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

【CryptoSpells(クリスペ)】マナカーブって何?

f:id:sencho0927:20191016162154j:plain引用:ぱくたそ


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


クリスペを勉強したい、第七弾です。

たぶん最終回です。たぶん。

第一弾~第六弾はこちらからどうぞ。

今回はマナカーブについてです。

TCGに触れていると良く聞く単語ですが、実際にどういうものなのか分かってる人は多くない気がします。(僕も分かってませんでした。)

この記事でマナカーブについて学んでいきましょう。

  1. マナカーブって何?
  2. 期待値を考えよう
  3. 2マナカードが優秀
  4. まとめ

マナカーブって何?

クリスペでデッキを組む時、こんな棒グラフを見たことがあると思います。

f:id:sencho0927:20191016172620j:plain


どのカードをどれくらい入れているかが一目で分かります。

基本的に、低コストカードが多くて高コストカードが少なくなるので、このグラフはカーブを描くような形に見えます。

この形からマナカーブと呼ばれています。

デッキを構築する際には、コンセプトを決めた上でこのマナカーブを意識して構築しなければいけません。

期待値を考えよう

以前にテンポアドバンテージについて解説をしましたが、これはマナカーブと密接に関わっています。

効率良くマナを消費して手を進めていくことは、テンポアドバンテージを増やすことに直結するからです。

効率よくマナを消費する理想形は、1ターン目に1マナ消費、2ターン目に2マナ消費、といった具合です。


だからと言って1マナや2マナのカードだけ入れてしまうと序盤は効率良さそうですが、終盤になれば弱いユニットしか召喚できなくなり力負けしてしまいます。

どうしても6マナや7マナなどの、強いカードも必要ですよね。


そこで考慮するのが期待値です。

1ターン目に1マナのカードを引く期待値を1枚より大きくすれば、手札に存在する確率は上がります。

上部のマナカーブキャプチャを元に、期待値を計算してみましょう。

1ターン目に1マナカードが手札に存在する期待値

前提:デッキ枚数30枚中、1マナカードは6枚入っている

  • 先攻:マリガン前3枚+マリガン3枚+初手ドロー1枚=7枚(1ターン目までに、最大7枚のカードを確認できる)

  • ⇒デッキ全体から1マナカードを引く確率「6/30」に、確認可能なカード枚数「7」を掛けると1.4枚


  • 後攻:マリガン前3枚+マリガン3枚+初手ドロー2枚=8枚(1ターン目までに、最大8枚のカードを確認できる)

  • ⇒デッキ全体から1マナカードを引く確率「6/30」に、確認可能なカード枚数「8」を掛けると1.6枚

30枚のデッキに1マナカードが6枚入っている場合、1ターン目1マナカードの期待値は1.4~1.6枚です。


この期待値が適切かどうかは、デッキタイプによります。

アグロデッキであればちょうど良いですが、ミッドレンジやコントロールだとちょっと多いかもしれませんね。

ミッドレンジやコントロールであればもう少し減らす必要がある、と期待値から枚数を判断することができます。


こんな感じで2マナカードも同様に計算できます。

2ターン目に2マナカードが手札に存在する期待値

前提:デッキ枚数30枚中、2マナカードは8枚入っている

  • 先攻:1ターン目7枚+2ターン目ドロー1枚=8枚

  • ⇒デッキ全体から1マナカードを引く確率「8/30」に、確認可能なカード枚数「8」を掛けると2.13枚


  • 後攻:1ターン目8枚+2ターン目ドロー1枚=9枚

  • ⇒デッキ全体から1マナカードを引く確率「8/30」に、確認可能なカード枚数「9」を掛けると2.4枚

3、4、、、とそれぞれ計算していくと、期待値を元に緻密なデッキの調整を行うことができます。

この緻密な調整で勝率が大きく変わることもあるので、マナカーブの意識というのは超重要なのです。


まとめ

完結ではありましたがマナカーブの解説でした。

気を付けたいのは、先攻と後攻で期待値が異なるのでどちらも想定して計算しておきたいところです。

あとはデッキコンセプトを決めた上で期待値を調整していけば、負けても確率のせいにすることは無くなると思います。

だって、、、ちゃんと計算してるんだもの。


それではノシ


クリスペApp
クリスペApp
開発元:TOKEN POCKET INC.
無料
posted withアプリーチ


※YouTubeでもクリスペの情報を発信しています。ぜひチャンネル登録お願いします!

www.youtube.com