今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

CryptoSpells(クリスペ)の新中立カードを初心者向けに評価してみた!

f:id:sencho0927:20190612145625p:plain


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


2019年6月11日、クリスペがアップデートされました。

アップデートによって中立カードが8種類追加されました。

自分なりに分析・評価してみたので、初心者の方の参考になれば嬉しいです。

  1. 新中立カード
  2. まとめ

新中立カード

1種類ずつ、それぞれのカードを入れることによるプラスとマイナス要素を洗い出して評価しています。

魂無き兵士

f:id:sencho0927:20190612145648j:plain

  • プラス要素:コスト1なのにバロン(相手ユニット1体に2ダメージ)でワンパンされない
  • マイナス要素:リーダーポイントが少ない状況では召喚できない

コスト1で体力3のユニットを出すことで、コスト1~2のユニットだと1発で倒せないので相手はすごく嫌がります。除去するには2ターンもしくはユニット2体必要です。

序盤であれば、「味方リーダーに2ダメージ」も許容できるので、体力3は活きるでしょう。

時間を掛けて相手を倒すデッキであれば、2枚入れたいカードです。

ホルス

f:id:sencho0927:20190612145658j:plain

  • プラス要素:岩石の巨人(前衛 2/2/2)を倒しても生き残る
  • マイナス要素:石舌のバジリスク(2/4/3)・キュクロープス(2/3/2)ではワンパンされる

体力が3あるので、岩石の巨人を除去しても生き残ることができます。

前衛を除去した上でユニットが減らないことによって、多少の有利を取ることができます。

ただし、コスト2だと石舌のバジリスクやキュクロープスがいます。

石舌のバジリスクをデッキに入れている人は比較的多いので、倒される上に相手は生き残ります。

こうなると一気に不利になるので、あまりオススメはしないカードです。

溶岩の魔神

f:id:sencho0927:20190612145706j:plain

  • プラス要素:煌めく一角獣(速攻 3/3/1)でワンパンされない
  • マイナス要素:コスト3のシーサーペント(3/4/4)・翠緑の翼竜(3/4/3)にはワンパンされる

煌めく一角獣でワンパンされないのはかなり魅力的です。

速攻3ダメージはリーダーにとってかなりツライので、それを防げるこのカードは役立つこと間違いなし。

岩石の巨人(前衛 2/2/2)を入れるくらいならこちらを入れましょう。

個人的にイチオシカードです。

黒月の腐竜

f:id:sencho0927:20190612145715j:plain

  • プラス要素:被ダメージ3を回復できるとかなり強い
  • マイナス要素:回復できないと弱い

召喚時にダメージを受けるカードですが、受けたダメージを回復できるとコスト3で体力7という強烈なユニットとなります。

ただし、回復できなければコスト3で体力4という超普通のカードです。

回復の多い白デッキにはオススメかもしれませんが、全体的にはあまりオススメしないカードです。

毒吐きインプ

f:id:sencho0927:20190612145724j:plain

  • プラス要素:相手ユニットの数が多い場合は一掃できる
  • マイナス要素:相手ユニットの数が少なければただの役立たずで終わる

自分以外の全てのユニットに1ダメージを与えるので、緑デッキとの相性は良いです。

増殖するエルフを一掃することができますね。

ユニットに出すタイミングによっては一気に形勢逆転できます。

ただし、後半に出てくると役に立つ場面が少なくなります。

使い方を誤らなければかなりオススメできるカードです。

武装するキュクロープス

f:id:sencho0927:20190612145732j:plain

  • プラス要素:ホルスの門番(前衛 4/3/5)をワンパンできる
  • マイナス要素:石舌のバジリスク・シーサーペントでワンパンされる

ホルスの門番を攻略するカードです。

現時点でホルスの門番を除去するのは結構苦労します。

このカードがユニットにいることでホルスの門番をワンパンすることができます。

ホルスの門番はほとんどの人がデッキに入れていると思うので、このカードは必須です。

デッキに入れるべきカードです。

空を包む怪鳥 ジズ

f:id:sencho0927:20190612145739j:plain

  • プラス要素:見当たらない・・・
  • マイナス要素:コスト4を使ってカードを1枚引くならパンダの釣り師(召喚・死亡1枚ずつドロー 3/1/1)で十分

カードを1枚引けるのは嬉しいんですが、コスト4というところがネックです。

コストが4あれば他にできることが多々あるので、わざわざユニットに出さなくても良いのかなと思います。

ということで評価は低めのカードです。

ロストアイルの怪鳥

f:id:sencho0927:20190612145747j:plain

  • プラス要素:疾走バロン(速攻 6/5/3)と相打ちできる、
  • マイナス要素:コスト4のアロサウルス(4/6/3)でワンパンされる

一見特徴が無いように見えますが、4/4/5は相手にとってかなり処理に困ります。

グレンデル(4/5/5)やグリフォン(5/5/5)相手だと、相手ユニットだけ残って不利になることがありますが、このカードをワンパンするにはそれなりのコストを使う必要があります。

体力5を削るのはそれだけツライのです。

アタッカーとしても優秀なので、攻防どちらでも優れています。

よってこのカードはオススメすることができます。


まとめ

アップデート後に追加された全8種類のカードを紹介しました。

デッキを構築する上で参考にしてみて下さい。


新しいカードが追加されると、デッキの構成を変えなければいけません。

闇雲に新しいカードを入れるのではなく、新しいカードに対応するためのデッキ構築をしましょう。


普段はプレイ状況を配信しているのでよかったら遊びに来て下さい。カスタムバトルしましょう!

www.youtube.com



それではノシ


CryptoSpellsをプレイする