今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

bazaaar(バザー)が音楽の原盤権をトークン化して配布!応募するためにはイーサリアムアドレスが必要です

f:id:sencho0927:20190516153926p:plain


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


NFTマッチングプラットフォームのbazaaar(バザー)からすごい情報が!

音楽の原盤権(レコード製作者の権利)をトークン化して配信することを発表しました。

僕自身、音楽とブロックチェーンってすごく相性が良いなと思っていて、音楽そのものがトークン化されて販売されるような未来は想像していました。

でも、権利をトークン化するというのは想像できていなかったです。ビックリですね!

おそらく世界初の試みなのではないでしょうか。


トークンは応募して抽選に当たったら受け取ることができます。

この記事でその方法を解説しています。


バザーについてはこちらからどうぞ。
  1. 事前準備
  2. 応募方法
  3. 権利を有効活用できる人が応募して!
  4. まとめ

事前準備

今回の抽選を受けるためにはイーサリアムアドレスが必要です。

そのためMetamaskかモバイルウォレットを導入しておきましょう。

応募方法

まず、バザー HPにアクセスします。

下にスクロールするとキャンペーンの画像が出てきます。クリックしましょう。

f:id:sencho0927:20190516155616j:plain


今回の企画の趣旨が書いてあるので良く読んで下さい。

問題無ければ「抽選に参加する」をクリックします。

f:id:sencho0927:20190516160128j:plain


必要事項を記入します。

f:id:sencho0927:20190516162320j:plain


イーサリアムアドレスはこんな感じでコピーできます。

Metamaskの場合

f:id:sencho0927:20190516163113j:plain

モバイルウォレット(TokenPocket)の場合


f:id:sencho0927:20190516163307j:plain



応募ページにはこんなことが書いてあります。(引用)

インターネット上で無償配布される予定のmp3音源ファイルに関するレコード製作者の権利(以下、原盤権)の一部(※1)をトークン化しました。

原盤権は一般的にレコード会社が保有しているものですが、今回4つのMP3ファイル1つ1つを原盤としてとらえ、ブロックチェーンで権利関係を明示したトークンとする事で、NFTのマッチングプラットフォーム“bazaaar”での権利移転が可能となりました。

また、著作者の権利の一部である翻案権・演奏権がトークン保有により無条件に許諾されることがトークン内に明記されており、トークン保持者は著作者や管理団体に対してその都度使用許諾を得ることなく、これらの権利を行使することができます。

つまり、トークン保有者はMP3音源のコピー、配布、Remix、カバー演奏がレコード制作者や著作者にその都度許可を得ることなく自由に行えます(※2)。

※引用:bazaaar キャンペーンページ

もし当選すれば権利を獲得することができます。

当然、楽曲の権利を主張して様々なことができるわけです。

権利を得た楽曲を生かすかどうかはその人次第なので、楽曲を使って役立てる人が良いと思います。

と言いつつも、応募する際に活用方法を記載しなくちゃいけないので、ちゃんと生かせないような人は抽選から落ちるかと思います。


まとめ

音楽の権利とブロックチェーンというまた新しい組み合わせが出てきましたね。

現存している概念にブロックチェーンが入り込むことで、知名度や有用性が証明されればブロックチェーンの立場はもっと上がっていく気がします。

と言ってもそういう議論になるまでには数年要すると思います。

まだまだこれからの分野ですからね。


音楽とブロックチェーンどちらにも興味ある方はぜひ応募してみましょう。


それではノシ


bazaaar HP

PR TIMES プレスリリース