今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

【週間dApps】【2019年】4月1日~4月7日動向

f:id:sencho0927:20190406231933p:plain


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


さて、4月1日~4月7日のdAppsの動向を振り返ってみましょう。

  1. マイクリのパブリックビューイング開催決定
  2. bazaaar(バザー)にマーケット機能実装
  3. FLETAのdApps「FLETA CITY SIMULATION」がローンチ
  4. CryptoKanojoにビットコインちゃん登場
  5. 記憶虫が開発中止へ&返金対応あり
  6. くりぷ豚買い取り保証プロジェクト公開
  7. CryptoSpells(クリプトスペルズ)オープンβテスト実施
  8. CryptoSpells(クリプトスペルズ)バトルシステム公開
  9. 【番外編】フクハラ、dAppsMarketに載る

マイクリのパブリックビューイング開催決定


恐らくブロックチェーンゲーム史上初ではないでしょうか。

ゲームの様子をパブリックビューイングで共有する企画の開催が決定しました。

第一回のフラッグ戦がツイッターやYoutubeで盛り上がり、今回の企画が開催される運びとなりました。

バトルの様子を複数人と共有できるのはe-Sportsを彷彿とさせますね。

今から楽しみ!僕も参加します。

bazaaar(バザー)にマーケット機能実装


NFTマッチングプラットフォーム「bazaaar(バザー)」からマーケット機能がリリースされました。

UIがシンプルでとても使いやすいです。

試しに使ってみてはいかがでしょうか。

使い方については別記事で解説しています。

FLETAのdApps「FLETA CITY SIMULATION」がローンチ


FLETA JAPAN初のdApps「FLETA CITY SIMULATION」がリリースされました。

自分だけの街を作っていくゲームです。

街を大きくすることで独自の通貨をもらうことができます。

上位にランクインすることでエアドロップ(無料配布)ももらえるのでプレイしてみてはいかがでしょうか。

CryptoKanojoにビットコインちゃん登場


カノジョをトークンとしたブロックチェーンゲーム「CryptoKanojo」に、クリプトカレンシーガールズのキャラクター「ビットコインちゃん」が登場しました。

限定アセットとして購入することができます。


ただ、開発進捗が公開されないままアセット販売を行ってしまったためプチ炎上しています。

暗黒の2018年を経て今のブロックチェーンゲームがあります。

プレイできないゲームのままアセットの販売は行ってはいけませんね。

記憶虫が開発中止へ&返金対応あり


虫を題材としたブロックチェーンゲーム「記憶虫」の開発が中止することが発表されました。

Loomの導入など期待することは多々ありましたが残念ですね。

無理矢理開発を進めても良い結果は生まないと思うので素晴らしい判断だと思います。

返金対応を実施しているので専用フォームから依頼しましょう。

返金依頼フォーム→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdMbWBJoY6IUOLXaH9Wx9egOsCM84doiXkU8roFLLI3Jw17VA/viewform

くりぷ豚買い取り保証プロジェクト公開


条件を満たしたトンに対して、買い取りをするというプロジェクトが公開されました。

トンの価値を保証するためのプロジェクトです。

買い取りはイーサリアムで行われます。

今後ユーザーにどのような影響を与えるのかに注目ですね。

ブロックチェーンゲームの標準機能になるのでしょうか。

CryptoSpells(クリプトスペルズ)オープンβテスト実施


ブロックチェーンを使ったTCG「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」のオープンβテストが実施されます。

本番リリースにアセットの引き継ぎは行われませんが、ゲームを楽しむ分には十分な企画だと思います。

また、同時開催としてイーサリアムのプレゼント企画も実施されます。

投資を決断する前にまずはゲームを楽しんでみましょう。

CryptoSpells(クリプトスペルズ)バトルシステム公開


オープンβテストに加えて「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」のバトルシステムが公開されました。

基本的には既存のTCGに準拠したルールですね。

詳しくは実際にオープンβをプレイしてみましょう。

早く体感したい!

【番外編】フクハラ、dAppsMarketに載る


こちら、番外編です。

ブロックチェーンゲームメディア「dAppsMarket」にフクハラが紹介されました。

特別なことはやっていませんが、1年間ほぼ休まずにブロックチェーンゲームに関して情報発信を行ってきた賜物だと思っています。

これからもメディア上でも飲みの場でもよろしくお願いします!


まとめ、以上!


それではノシ