今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

TokenCastMedia(トークンキャストメディア)が新しい!音声でトークンを配布する!

f:id:sencho0927:20190208171919p:plain


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


「TokenCastMedia」というサービスがかなり画期的なので紹介します。

音声×ブロックチェーンという新しい組み合わせの技術によって、どのようなことが世界が実現されるのでしょうか。

  1. TokenCastMediaとは?
  2. TokenCastRadioでトークンを配布する
  3. まとめ

TokenCastMediaとは?

ブロックチェーンのトークンとして実装されたデジタルアセットの情報を、透かし音に埋め込みます。

情報を埋め込んだ透かし音を放送すると、特定のアプリで検出します。

リアルタイムで音を視聴している人だけが、特定のアプリでデジタルアセットを受け取ることができます。

このようなサービスを「TokenCastMedia」と呼びます。

TokenCastRadioでトークンを配布する

上記で紹介したTokenCastMediaを使って、試験的に「TokenCastRadio」というラジオ番組を配信します。

株式会社フランジアが開発するブロックチェーンゲーム「Cipher Cascade」のトークンの情報を透かし音として放送し、トークンポケットを受け取りアプリとして検出します。

その結果、ラジオのリスナーがトークンを受け取ることができるようなことを実施する予定です。

イメージ図はこんな感じです。

f:id:sencho0927:20190208171937p:plain

引用:PR TIMES


まとめ

音声×ブロックチェーンといえば、音声をトークン化できるサービスがわずかにささやかれていました。

ですが、今回は音声にデータを乗せてトークンを配布するという仕組み。

これは初めてです。

試験的な配布が楽しみで仕方ありません。

当日は全裸待機しましょう。


それではノシ