今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

MyCryptoHeroes(マイクリ)とアソビマーケットが連携して実現できる未来

f:id:sencho0927:20190131234138p:plain


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


マイクリからパートナーシップの発表がありました。

BlockBaseはNFTマッチングプラットフォーム「bazaaar.io」を開発している会社です。

ASOBI COINはトークン取引所「アソビマーケット」を開発している会社で、アヴァベルやトーラムなどのアイテムを売買できる取引所です。

ここでは、アソビマーケットとマイクリを連携すると何が起きるかを考察していきます。



まず現在のマイクリの概念図を見てみましょう。

f:id:sencho0927:20190131234547j:plain


マイクリには二つの世界があります。

それは、Crypto World(オフチェーン)Ethereum Network(オンチェーン)です。

マイクリがブロックチェーンゲームなのにサクサクプレイできるのは、Crypto World(オフチェーン)が存在するおかげです。

ただ、Crypto World(オフチェーン)に存在するアセットはGUMにしか換えることができません。

よって、GUMは現実的な通貨に換えることはできないのです。


そこで、イーサリアム上のEthereum Network(オンチェーン)にアセットを送ることによって、仮想通貨(イーサリアム)と換えることができるという仕組みです。




次にアソビマーケットの概念図を見てみましょう。

f:id:sencho0927:20190131234559j:plain


アソビマーケットはイーサリアムをベースとした取引所です。

つまり、アソビウォレットはアソビコインの他にイーサリアムなど他のERC-20の通貨を取り扱うことができます。

f:id:sencho0927:20190201100432j:plain



ここまでのことを考慮すると、マイクリのEthereum Network(オンチェーン)とアソビマーケットは、どちらもイーサリアムをベースにしているという共通点を見つけることができます。

この共通点によって、連携を可能にしています。



概念図はこんな感じ。

f:id:sencho0927:20190131234608j:plain


これができると何が起きるか?

例えば、マイクリのヒーローやエクステンションをアヴァベルに送って使うことができる!

アヴァベルのアイテムをマイクリのヒーローに装備することができる!


これこそ、ブロックチェーンゲームだけが実現できる世界観ですよね。(既存のソシャゲじゃ無理。)

こういったパートナーシップがもっと広がっていくと、今では想像もできないようなゲームの世界が訪れるんじゃないかと!

あまり広がりすぎると収集がつかなくなりそうなので加減は必要だと思います。





ふと、Poke Moverを思い出しました。

f:id:sencho0927:20190201100800g:plain

過去のソフトで所持しているポケモンを一時的にネットに預けて、新しいソフトにポケモンを送るというアプリです。

当時はこのソフトが画期的でした。

あれほど望んでいたことが実現できたのですから。

ポケモン好きにはたまらない、夢のような移殖が可能となったのです。



こういうことが今後はブロックチェーンを通して行われるようになるのでしょう。

しかも異なるゲームでもやり取りできてしまいます。


ワクワクしますね~。

そんなことを伝えたい記事でした。


それではノシ