今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

MyCryptoHeroes(マイクリ)の盛り上がりはガラケー時代を彷彿とさせる

f:id:sencho0927:20190118123851j:plain


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


MyCryptoHeroesというブロックチェーンゲームが一部でかなり盛り上がっています。

たまに行われるランキングバトルでは、各々が戦略を練り、誰と戦い、勝った・負けたという情報を発信しています。

バチバチしながらも皆で盛り上げようという意志が感じられて気持ちが高まります。



そんな盛り上がりを目の当たりにしてふと思い出しました。

そういえばガラケーでソシャゲが流行ったときってこんな感じじゃなかったっけ?と。

周りの人同士で勝った・負けたと言い、情報交換を適宜行っていたような気がします。


僕のソシャゲブームは結構遅くて、当時mixiで流行っていた「怪盗ロワイヤル」というソシャゲがありました。

僕がハマった最初で最後のソシャゲです。


こんなアイテム盗んだ!

うわ、朝起きたら重要なアイテムが盗まれてる!

回復するまで14時間もあるよ~。

友だちになって!

アイテム頂戴!

アイテムくれたらご飯奢る!


こんな会話を繰り広げていたような気がします。

当時はお金が無いので課金することはできませんでした。

課金せずにどこまで効率的にゲームを進められるか。

24時間そんなことだけを考えていた時期がありました。


いい年してゲームなんかやって…。

そんな風に言われることってまだまだありますよね。

でも大人になって何かに夢中になれることって素敵じゃないですか。

子供みたいに好奇心旺盛な大人の方が魅力的に映ります。少なくとも僕の目には。


ちなみに僕がなぜ怪盗ロワイヤルが「最初で最後にハマったソシャゲ」なのか。

回復の時間が明確に決まっているゲーム、すなわち回復の時間が来たらすぐにゲームをすれば一番効率的にゲームを進めることができます。

ということはどんな時でも怪盗ロワイヤルの回復時間が重要なわけです。


寝る時間、起きる時間…。

あの時の僕は怪盗ロワイヤルに時間を支配されていました。

完全にゲームにのまれていました。



何事にも「適量」があります。

これを読んでいる方は僕みたいに何かを犠牲にしてまでゲームをやる人はほとんどいないと思いますが…。釈迦に説法ですね。

何かを犠牲にしてしまった経験からちょっと語りたくなりました。


それではノシ



※怪盗ロワイヤルの攻略本って今1円で売ってるんだ…w