今日が最高レベル

そこら辺のリーマンが書く雑記ブログ

NFT(Non-Fungible Token)のマッチングプラットフォーム「bazaaar(バザー)」って?

f:id:sencho0927:20190111114752p:plain


こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


オオキマキさんが代表を勤めるBlockBase株式会社から新たなサービスがリリース予定との発表がありました。

NFTのマッチングサービス「bazaaar(バザー)」というサービスです。

リリースは2019年2月下旬の予定です。

どんなサービスなのか、今分かっていることをまとめました。

  1. bazaaarとは?
  2. 開発の経緯
  3. まとめ

bazaaarとは?

bazaaarとは、日本初のNFTマッチングサービスです。

特徴はこんな感じ!

アセットごとインターフェースを用意

一括りにNFTと言ってもゲームによってアセットの特徴やユーザーが見るべきポイントは異なります。

そういったアセットごとに異なるインターフェースを用意し、UI/UXを最大限高めることができます。

これはユーザーにとって物凄く嬉しい構想ですね。

売買機能はもちろん、アセットのレンタルやスワップも実現

仮想通貨のレンタルは取引所でやってましたが、アセットのレンタルも実現されます。

これこそ、ブロックチェーンを使うメリットの一つではないでしょうか。

バトルに勝てないからちょっと強いアセット貸して~というようなことが簡単にできます。

法令上問題ないアセットのみ取り扱う

あまり注目されないかもしれませんが、実はこれが一番重要です。

特に日本の法律は厳しくて、そもそもアセットを取引できるサービスをリリースすることはできませんでした。

bazaaarでは法律上問題ないアセットしか扱わないという信用が得られれば、ユーザーも安心して取引することができますね。

開発の経緯

半年くらい前からNFTの話はちょくちょく出ていて、OpenSeaなどの海外の取引所でNFTの取引が行われていました。

ただ、UI/UXが良いとは言えないし、海外のサービスということもあって日本人にとってはいつサービスが終わるのか、急に取引ができなくなるのかなど不安感が拭いきれませんでした。

不正売買もたくさんある世界です。

それを打破してくれるサービスがリリースされるわけです。嬉しい。


まとめ

こんな感じですごく良いサービスだなと率直に言えます。

ただ、素晴らしいサービスが故に開発や運用がめちゃくちゃ大変そうです。

サービスに乗せるアセットが法律的に問題ないかどうかチェックして、インターフェースをゲームごとに用意して…。

量より質で勝負して時間をかけてゆっくり最高のサービスを作るんだろうなという印象です。

今後どうなるか楽しみですね!


それではノシ


bazaaar公式HP