今日が最高レベル

ブロックチェーンゲーム(dApps)とLINE(ライン)のことを主に書いてます

Money Tap(マネータップ)で銀行間の送金が可能に!手数料は?

f:id:sencho0927:20181006154847j:plain

こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


Money Tap(マネータップ)というアプリケーションがリリースされました。

銀行間の送金が瞬時にできるということで注目を集めていますね。

この記事では、手数料に関する話題を中心にMoney Tapについて書いていきます。

関連記事:Money Tap(マネータップ)でラクラク送金!使い方を解説!

  1. 基本情報
  2. 送金先の指定
  3. 手数料
  4. 制約
  5. 動作環境
  6. まとめ

Money Tap(マネータップ)でラクラク送金!


基本情報

SBI Ripple Asiaが開発したアプリケーションで、銀行間の直接送金が24時間365日可能。

しかも、一瞬で送金から着金まで完了させることができるアプリケーションです。

Money Tapに対応している銀行は下記の通りです。
  • 住信SBIネット銀行
  • スルガ銀行
  • りそな銀行
特に住信SBIネット銀行仮想通貨取引所ととても相性の良いネット銀行です。

理由は、取引所への入金の手数料が無料だからです。

この機会に口座開設をオススメしますよ~。

住信SBIネット銀行】の口座を開設する。


送金先の指定

送金先の指定には下記のいずれかの情報を使用します。
  • 銀行口座番号
  • 携帯電話番号
  • QRコード
Money Tapはスマホアプリなので、特に携帯電話番号で送金先を指定する際はかなり役立ちますね。


手数料

手数料は同行あて、他行あてどちらも無料です。

ただし!

ずっと無料というわけではなさそうです。

スルガ銀行は「変更する可能性があります」と発表しており、りそな銀行は「2019年4月1日から他行への送金は54円(税込)」を予定しています。

住信SBI銀行については特に記載が無かったのでしばらくは無料だと思います。

また、組戻しの場合は手数料「864円」が発生します。

組戻しとは、一度送金したお金を戻してもらうことを言います。
手数料
金融機関 当行あて 他行あて 組戻手数料 返却有無
住信 0円 0円 864円
スルガ 0円 0円 864円
りそな 0円 0円 864円
引用元:振込について - Money Tap

住信SBIネット銀行は組戻手数料の返却があるので組戻し手数料は実質無料です。

この点でも口座開設をオススメできます。


制約

Money Tapは個人間を想定した少額送金サービスなので、送金金額に関して下記の制限があります。
  • 1回3万円まで
  • 1日10万円まで

また、このような制約もあるので注意しましょう。
  • 同一口座を複数の端末で使用することはできない。
  • 同一携帯番号で複数の端末で使用することはできない。


動作環境

アプリの動作環境は下記の通り。
  • iOS
    • iOS ver.10.0以上
    • iPhone5s以降の機種
    • Touch IDもしくはFace IDが登録されている
  • Android


まとめ

手数料についてあまり細かく記載されている記事が無かったので、その話を中心に書いてみました。

住信SBIネット銀行はしばらく安泰そうですが、スルガ銀行とりそな銀行は今後の動向に注意しましょう。


それではノシ