今日が最高レベル

ブロックチェーンゲーム(dApps)とLINE(ライン)のことを主に書いてます

ブロックチェーンゲーム(dApps)のEther League(イーサリーグ)とは?プレセール開催中

f:id:sencho0927:20180728142244p:plain

こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


恐らくまだ誰も参入していないであろう、Ether League(イーサリーグ)の紹介記事です。

既に@dapp_comには登録済みです。


目次

  1. Ether League(イーサリーグ)とは?
  2. プレセール
  3. まとめ

Ether League(イーサリーグ)とは?

Ether Leagueとは、ブロックチェーンを用いたRPGバトルゲーム(PVP)です。

自分が所持しているヒーローを召喚することでバトルすることができ、バトルに勝利すると報酬としてイーサリアム(ETH)を獲得することができます。


召喚

ヒーローはERC721トークンで、下記のレアリティが存在します。
  • コモン
  • アンコモン
  • レア
  • エピック
  • レジェンダリー
他にもヒーローの要素として、種族とクラスがあります。

そして、ヒーローの召喚には回数が決められていて、CryptoKittiesと召喚の回数を交換することができます。

CryptoKitties関連はさんまりさん(@sanmaricoin)のブログに完全網羅されているのでどうぞ!

sanmari15.com



BPジャックポット

BPはバトルパワーのことをいいます。ヒーローの強さの基礎値のようなものです。

Ether Leagueには、ジャックポットとBPジャックポットと2種類存在します。

運営収益の60%はジャックポット、40%はBPジャックポットに配分されます。

配当の例なのですが、僕の頭ではあまり理解することができず。

あーあ、どっかにアインシュタインの脳みそ落ちてないかな。

f:id:sencho0927:20180728174410p:plain



アリーナ

PVPが行われる場所です。

最大5人のヒーローをアリーナに送ることができます。

勝敗はBPが大きく関わってきそうですが、ヒーローの種族によって相性があるので5人のヒーローの組み合わせが最も重要になってくると思います。

報酬だけではなく経験値も稼げるので、ヒーローのレベルアップにバトルは欠かせません。

合成

同じ種族・クラス・レアリティのヒーローを合成することができます。

合成すると、一段階上のレアリティのヒーローが誕生します。

あれ?このシステムどこかで見たことあるな?・・・EtherOnlineのクラフティングと似てるな・・・。

関連記事:ブロックチェーンゲーム(dApps)のイーサオンライン(EtherOnline)のラッキードローで儲かる??

マーケット

ヒーローのマーケットです。

ここは説明不要でしょう。

ジェネシス・ヒーローというヒーローが存在するみたいで、レア度がとてつもなく高いとのことです。

アドベンチャー

イーサマップとEXPマップという2つの場所がアドベンチャーの舞台です。

最大5人のヒーローをアドベンチャーに送りだすことができ、イーサマップであればイーサリアム(ETH)を、EXPマップであれば経験値を獲得することができます。

コロシアム

一定額のイーサリアム(ETH)を支払うことで、自分が持っていない好きなヒーローを5人選んで他のプレイヤーとバトルすることができます。

勝者は報酬としてイーサリアム(ETH)を獲得することができます。

プレセール

メールアドレスによる会員登録は不要で、MetamaskにログインしていればOKです。

関連記事:
トップページにアクセスすると、早速プレセールの画面が出てきます。こちらは種族が買える画面。

f:id:sencho0927:20180728184240p:plain

イメージとしてはイーサエモンの土地と仕組みが似ていて、その種族が召喚されると種族所有者に配当があります。

そして、こちらはヒーローが買える画面。

f:id:sencho0927:20180728185118p:plain

プレセールで買えるヒーローは全てジェネシス・ヒーローで、レジェンダリーと同様のステータスです。

ガチで参入するならプレセールでの購入は必須ですね。


なお、プレセールの終了時期は8月末日とのことです。

運営の方に教えていただきました!Thank you!



ロードマップ

f:id:sencho0927:20180731020125p:plain

正式ローンチは9月中旬のようですね。

そして9月初旬のオープン・ベータでは、ラッキードローがありますね。

益々EtherOnlineと被るww

EtherOnlineのラッキードローは参入者もそこそこいたため、稼げた人はかなり稼げました。

今回はあまり参入する人は体感としてあまりいなさそうなので、ちょっと微妙かもしれません。


まとめ

開示されている情報が少なく、どのようなゲームかは正直分かっていないことがまだまだ多いです。

今のところ僕自身はプレセールに参加していません。

もっと詳しい情報が出てから参加するかどうか決めようと思います。


それではノシ