今日が最高レベル

ブロックチェーンゲーム(dApps)とLINE(ライン)のことを主に書いてます

ブロックチェーンの未来

f:id:sencho0927:20180724015005p:plain

こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


ダプマさん(@dapps_market)とはるかさん(@harukatarotaro)がブロックチェーンの未来について、すごく考えさせられることを議論されていたのでまとめます。


僕も付いていこうと思いましたが、お二人が先進的すぎて途中からついていけず。面目ない。


キッカケのツイート。


ブロックチェーントレカという日本発のブロックチェーンゲームについての僕の言及です。

企業側があまりにも的外れな対応をしてきたので思わずツッコみました。

関連記事:イケメンキャラばかり!国産ブロックチェーンゲーム(dApps)「ブロックチェーントレカ(BCT)」は参入すべきか?

すると、ダプマさんからコメントが。


参考:

ブロックチェーンゲーム(dApps)にいち早く参入した日本人にとって、日本発のブロックチェーンゲーム(dApps)ってとても前向きな取り組みと捉えます。

それなのにお金に目がいってしまうのか、ゲーム内アセットを超高額に設定してしまい、結果的に参入者が増えないという事態に…。
(日本の法律が厳しく海外のように柔軟に動けないということはあるかもしれません。)

少し前に話題になったイーサ三国志も、価格設定がプレイヤーのニーズとマッチせず、かなりのバッシングを浴びました。

関連記事:



そんな話をしていると、はるかさん登場!ここから一気に会話の内容が濃くなっていきます。



かなり先を行っている話で、ブロックチェーンゲーム(dApps)だけでなくブロックチェーンのインフラ化や仮想通貨の将来についても考慮していないと理解が難しいかと思います。

十人いれば十人違う将来像が出てくるので、こういうお話ってとても重要だなぁと再認識。

「仮想通貨は終わった」とか「ブロックチェーンで意味あるの?」という声が2018年という時代の世の中の声だと思っています。世の中に浸透するにはまだまだ。

でも悲観することはありません。

インターネットだって今や当たり前のように世の中のインフラに浸透していますが、当時は高額なパソコンが必要で、電話回線を使って毎回待ち時間が発生。
(部屋の間取りによっては、パソコンと電話回線を繋げるのがやっとw)

インターネットだってさぞかし批判されたのでしょう。こんなん使い物にならないって。

ですが、それを使える物にする人が必ず現れます。

これは世の中の自然な流れですね。

悲観せずに突き進んでいきましょう~!


それではノシ