今日が最高レベル

ブロックチェーンゲーム(dApps)とLINE(ライン)のことを主に書いてます

イケメンキャラばかり!国産ブロックチェーンゲーム(dApps)「ブロックチェーントレカ(BCT)」は参入すべきか?

f:id:sencho0927:20180719223440p:plain

こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


数日前に国産のブロックチェーンゲーム(dApps)「ブロックチェーントレカ(BCT)」が正式にサービス開始を発表しました。

ブロックチェーントレカとは、TCG(トレーディングカードゲーム)です。

ブロックチェーンゲーム(dApps)には似合わず、イケメンキャラクターが勢ぞろい!

これは新たなプレイヤーが増えるチャンス!?ということで、プレイまでの手順を解説していき、参入するべきかどうか個人的な見解を述べます。

結論はこちら

目次

  1. ブロックチェーントレカの稼ぎ方とは?
  2. 新規会員登録
  3. NEMウォレットダウンロード
  4. ウォレット情報の登録
  5. 仮想通貨購入
  6. トレカを買う(高ぇよ!)
  7. バトルを実践
  8. 参入すべきか否か?
  9. まとめ

ブロックチェーントレカの稼ぎ方とは?

ブロックチェーントレカにはバトル機能がありますが、バトルで勝利しても報酬は得られません。

バトルに勝利すると、トレカ(アセット)にエフェクトが追加されます。

勝利を重ねることによってエフェクトがどんどん追加されていき、トレカの価値が高まるのではないかと予想しています。

エフェクトが追加されたトレカは、ブロックチェーンエスクロープラットフォームというサービスを使って、売買することができます。

この取引によって稼ぐことができます。


新規会員登録

まずは会員登録をこちらから行います。

各項目に個人情報を入力して「登録内容確認」をタップします。

f:id:sencho0927:20180720031155p:plain


「登録」をタップします。

f:id:sencho0927:20180720031206p:plain


登録したメールアドレスにメールが送られます。メールボックスを確認しましょう。

f:id:sencho0927:20180720031219p:plain


メールに記載されているURLをタップします。有効期限は24時間なので注意です。これを過ぎるともう一度登録からする必要があります。

f:id:sencho0927:20180720031227p:plain


会員登録完了画面が表示されれば認証成功です。「マイメニュー」をタップします。

f:id:sencho0927:20180720031236p:plain


登録したメールアドレスをパスワードを入力し、「ログイン」をタップします。

f:id:sencho0927:20180720031246p:plain


マイページが表示されればログイン成功です。

f:id:sencho0927:20180720032140p:plain



NEMウォレットダウンロード

このゲームをプレイするためには、NEMウォレットのダウンロードをする必要があります。

端末によってアプリケーションが異なります。下記にリンクを貼るので各々の端末にマッチするアプリをダウンロードしましょう。

ウォレット情報の登録

ウォレットをダウンロードしてアプリケーションを実行するとウォレットアドレスが生成されます。

このゲームをプレイするためには、NEMウォレットのアドレスが必要なので登録しましょう。

先ほどのマイページの「Wallet管理」をタップします。

f:id:sencho0927:20180720032154p:plain


ウォレットの名前とウォレットアドレスを入力します。ウォレットの名前は適当で問題ないです。

f:id:sencho0927:20180720032239p:plain


登録が完了すると、ウォレットの名前・ウォレットアドレス・XEM残高が表示されます。

f:id:sencho0927:20180720032250p:plain



仮想通貨購入

トレカを買うにはビットコイン(BTC)かモナコイン(MONA)が必要です。

どちらもZaifで買えるので、登録していない人はサクッと登録しましょう。

関連記事:Zaifへの登録の仕方~取引ができるまで

さっきNEMウォレットをダウンロードしたのはなんで??という疑問が湧いてくると思いますが、どうやらトレカはNEMベースのようです。

なぜNEM(XEM)で購入できないようにしているのかは分からないですね。


トレカを買う(高ぇよ!)

さて、仮想通貨を購入したらトレカを買います。

トップページの真ん中らへんの「販売中のトレカを見る」をタップします。

f:id:sencho0927:20180720032747p:plain


販売中のトレカが出てきます。「詳細/購入」をタップします。

f:id:sencho0927:20180720032805p:plain


トレカの詳細が表示されます。ふむふむ、、、ん?、、、10000円!?

f:id:sencho0927:20180720032813p:plain



、、、すみません、ここで実践終了です。

さすがにアセット1つに10000円は投資できません。

今までのブロックチェーンゲーム(dApps)をプレイしてきた方なら分かると思いますが高すぎます。


バトルを実践

実際に身銭をきることはできませんでしたが、キャンペーンに応募した結果抽選でトレカを無料で手に入れることができました。

実際のバトルはこちら。

これは、、、面白いのか??

おそらくターゲットは、ゲームのデキを求める人ではなく、二次元のイケメン好きな人をターゲットにしているのかもしれません。

イケメンをコレクトすることを考えればまぁうなずけます。


参入すべきか否か?

さんざんゲームプレイまでの流れを書きましたが、うん、今は参加しない方が良いでしょう。

トレカの値段が圧倒的に高いです。

これじゃあ参入者が少なすぎてバトルができません。つまりトレカの価値を上げることができません

ブロックチェーンゲーム(dApps)に進出する日本企業はどうしてブロックチェーンゲーム(dApps)事情が分からないのでしょうか…。もう少し勉強しておくれぇ~。

1万円のカードがあっていいにしろ、下限を下げるべきかと。

価格帯をバラバラにすればもう少し参入障壁が下がるのではないかと思います。

ALISではもっと具体的な改善案を提案した記事を執筆しています。よければどうぞ。

関連記事:ブロックチェーントレカ参入者増加の提案 | ALIS

まとめ

  • トレカとはBTCかMONAで買えるNEMベースのアセット
  • トレカは1枚10000円
  • バトルに勝利することでエフェクトが追加され価値が高まる
  • とにかくアセットが高いのでオススメしない

上述している「勉強しろ」というのは、ブロックチェーンゲーム(dApps)の仕組みとかそんなことではなく、ユーザーがブロックチェーンゲーム(dApps)に対してどのように思っていて、どのようなゲームを求めているかをもっと勉強してほしいという意味です。

ゲームの作りが最高に面白くたって参入障壁が高すぎればユーザーは寄ってこないでしょう。

ユーザーが寄ってこなければ盛り上がることはないです。


イーサ三●志もそうでしたが、もっと勉強してほしい!というのが正直な感想です。

もう一度、僕は今のところ参入しません。ただ様子見はしようと思います。


それではノシ