今日が最高レベル

ブロックチェーンゲーム(dApps)とLINE(ライン)のことを主に書いてます

dAppsNightMeetupに行ってきたよ!

f:id:sencho0927:20180718030230p:plain

こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。


2018年7月17日、ブロックチェーンゲーム(dApps)に知見のある下記お三方が登壇されるミートアップが開催されました。
個人的には、今まで参加したミートアップの中で一番未来を想像することができてワクワクしました!


会場を提供していたのは、ファイブゲートさんでした。オフィスキレイ~。





目次

  1. 中村さんセッション
  2. オオキマキさんセッション
  3. パネルディスカッション
  4. まとめ

中村さんセッション

まずは、中村さん(@minicoohei)のトークセッションからです。


中村さんはサラリーマンの傍ら、トークンポケット(@TokenPocket)を運営するというパラレルワーカーです。スーパーマンや…。


今までの中央管理型のシステムとブロックチェーン技術を使った分散型のシステムの違いについてまずは復習。


次に秘密鍵の重要性とウォレットの必要性を主張しています。ここら辺は仮想通貨に触れている人なら当たり前のことですが、超重要です!


最後にトークンポケットの未来について、中村さんから言及が。

どの未来にも注目ですが、特に3つ目の「ガス放題」が気になりました。

これが実装されれば、今まで大々的に問題になっていたスケーラビリティ問題をアッサリ解決してくれるはずです。トークンポケットの今後に注目!(Android版の開発もがんばって下さい!!)



今後、dAppsブラウザは安全性を保持するために必要不可欠なものになります。


なぜなら、dAppsブラウザは秘密鍵を個人で管理することができ、ローカルで署名を行うことができるからです。

(取引所のウォレットの秘密鍵は取引所で管理している。だから第三者に盗まれるリスクがあるのでdAppsブラウザが不可欠。)


中村さんがミートアップで使用していたスライドもありますのでぜひご覧下さい!




オオキマキさんセッション

続いてオオキマキさんセッション。


はじめに、今までのアプリケーションの開発とdAppsの開発の仕方の明確な違いを説明していました。

そこから、自身が開発したdAppsの紹介へ移っていきます。

実際にオオキマキさんが開発したdAppsのほんの一部を紹介! オオキマキさん曰く、dAppsの開発ってとっても簡単なんだそうです。なぜならスマートコントラクトのような複雑な処理は全部イーサリアムがやってくれるからです。

また、SDKも今後徐々にリリースされていくので開発者はより簡単にdAppsを開発できるようになるでしょう。


dApps開発に少しでも興味のある方は、オオキマキさん主催のギルドへ参加しましょう!dApps開発のための意見交換が頻繁に行われています。

最後にオオキマキさんが夢を語りました。ここはミートアップ中一番シビれました…。
チリのようなムダップスを積み重ねていずれは世界一のdApps(イダップス=偉大なdApps)を作ること!


これがオオキマキさんの目標!本当に輝いていたぜ…。




パネルディスカッション

はてさて、最後はキヨスイさんを交えて3人のパネルディスカッションです。

dAppsに精通している方がオススメするのは、普段dAppsに触れない人からするとどれもマニアックですね!

お客さんとして来ていた方からの質問に対する、キヨスイさんの答えがとても興味深かったです。
現代の人間の行動は全てVR上でできてしまうのではないか?ブロックチェーンで資産管理ができればそれが可能ではないか?という解釈をしました。


ミートアップや会社の会議・営業の打ち合わせ、全てが一つの場所で実現できる未来。想像するだけでワクワクします。




まとめ

  • 秘密鍵って超重要!dAppsブラウザを使って秘密鍵を守ろう!
  • トークンポケットの今後に注目!dAppsの問題点を解決する救世主かも!?
  • dApps開発って実は簡単。作れるようになったら世界のTop100になれるかも!?
  • ブロックチェーン×VRの組み合わせで、人は家から出る必要が無くなる!?
ワクワクしかしないですね~。



仮想通貨は終わった…なんてことを耳にしますがまだ始まっていないんですよね。ブロックチェーンゲーム(dApps)も一緒です。


ブロックチェーンゲーム(dApps)は終わった、とかそもそもブロックチェーンである必要性が分からんとか言われるわけです。


気持ちは分からなくもないですが、まだ始まっていないものに対していちゃもん付けても何も得られません。黎明期ってそんなもんです。


未来のテクノロジーの発展にワクワクし続けましょう!


それではノシ