今日が最高レベル

ブロックチェーンゲーム(dApps)とLINE(ライン)のことを主に書いてます

LINE社は全てのサービスを潰し、世界を支配することを目論んでいる

f:id:sencho0927:20180629005131p:plain

こんにちは、fukuhara(@fukuhara_hdylw)です。

  1. はじめに
  2. 世の中を喰う様々なLINEプラットフォーム
  3. LINEとブロックチェーン
  4. まとめ

LINEは世の中のサービスを潰すと予想



はじめに

来る2018年6月28日、LINEが主催する「LINE CONFERENCE」が開催されました。

「LINE CONFERENCE」とは、LINEがその年の事業戦略を公にしてどのように社会に貢献していくのかを宣言する場でもあります。

僕自身このカンファレンスを聴くのは今年が初めてす。

LINEのサービスを色々知ることで、確信したことが一つあります。それは、、、


LINE社は全てのサービスを潰し、LINE一つで世界を支配することを目論んでいる


「潰す」という表現は少し攻撃的かもしれませんが、世の中の移り変わりを見ると間違っていないと思います。

今までのLINEのイノベーションを見れば何となく想像がつくのではないでしょうか?

LINEがリリースされた当初は、個人間のコミュニケーションツールでした。言い換えるとそれしかできませんでした。

ただ、この利便性が高く評価されてメールが一気に衰退していきます。

そして「公式アカウント」や「LINE@」が登場したことによってビジネスに大きく影響します。

「公式アカウント」や「LINE@」は、企業と個人のコミュニケーションを可能にします。

今まで「個人⇔個人」という概念だけでしたが、「企業⇔個人」という概念が登場したわけです。


何が起こるかというと企業が配信するメルマガの衰退が始まります。

そもそも、実際にお店で登録したメルマガってあまり読まなくないですか?メールを開かずに未読のまま放置することがほとんどだと思います。

LINEという人の目に一度は触れるという特性を生かして、LINE@でメルマガの内容を配信すれば一度は目に入ります。それだけでもユーザーへのリーチは大分変わるのです。

さて、これで「当たり前」だったメールが喰われました。

他のジャンルではどうでしょう?


世の中を喰う様々なLINEプラットフォーム

LINEは様々なジャンルの事業を展開していますし、これからも事業拡大は止まらないでしょう。

LINE CONFERENCEで話題に挙がったサービスを取り上げてみましょう。
LINE プラットフォーム 機能・サービス 競合・類似サービス
公式アカウント・LINE@ 企業と個人のコミュニケーションツール メルマガ・クーポン・チラシサービス全般
LINE MUSIC 音楽配信 Apple Music・Amazon Musicなど
LINE マンガ 電子書籍販売 マンガ村・マンガボックスなど
LINE GAME ゲーム配信 ガンホー・GREEなど
LINE NEWS ニュース配信 Gunosy・NewsPicksなど
LINE トラベル 旅行関連サイト 楽天トラベル・じゃらんnetなど
LINE ショッピング(ショッピングレンズ) 通販 Amazon・楽天市場など
LINE TICKET チケット販売 チケットぴあ・ローソンチケットなど
LINE Clova(LINE Friends) AI搭載スマートスピーカー Amazon Echo・Google Homeなど
LINE Pay QR/バーコード決済 Amazon Pay・Alipayなど
これら、全部LINEアプリ一つでできる(ようになる)んですよ?冷静に考えて凄くないですか?

今数えきれないほどのアプリが世の中に存在していますが、LINEアプリ一つでやりたいことが全部できます。人間が生活するのに困らないところまできています。

これはとんでもないイノベーションで、思わず感嘆を覚えますが同時に恐怖なのです。

LINE以外に自分の身を置くのであれば、闘わなければいけないからです。

そうだ、LINEに転職しよう。笑



LINEとブロックチェーン

もちろんこれだけでは収まりません。ついにブロックチェーン事業にも乗り出すと発表しました。

まさか社長から「dApps」という言葉が聞けるなんて!嬉しい気持ちと同時にリテラシー高いな~と感心しました。さすがLINE。

LINE独自のトークンを発行することも公言しています。

また、仮想通貨取引所を設けることも発表しました。

仮想通貨取引所と独自トークン。これは「BITBOX」でLINE独自トークンの売買ができるのではないでしょうか。

残念なことに、日本とアメリカでは展開されません。日本はどんどん世界に置いてかれますね。


まとめ

既にdAppsや仮想通貨取引所などは世界中に数多くあります。

おそらくLINEがブロックチェーン事業に参入すれば、また我々を驚かせるイノベーションを見せてくれるのでしょう。

今のLINEプラットフォームが全てブロックチェーン上でやり取りできるようになるというのが当面のゴールだと思っています。

加えて、LINEアプリ一つで仮想通貨取引やdAppsができる(LINE上でトークンウォレットが動くことが前提)ようになると思います。
なぜLINEがここまでするのかといえば、、


LINE社は全てのサービスを潰し、LINE一つで世界を支配することを目論んでいる!!


だからです。

世界中の人々がLINEの動向には目を離せなくなりますね。

それではノシ